HTHD-148 友達の母親~最終章~ 長谷川ユリア

HTHD-148 友達の母親~最終章~ 長谷川ユリア
三者面談で息子に留年の可能性があることを告げられた由利亜。なんとか最悪の事態を免れたい一心の由利亜は思わず担任教師に色仕掛けで迫り、息子の将来を守ろうとするが…。その様子を職員室の外から見ていた息子のクラスメイト小林は、とっさに決定的場面を撮影すると、証拠として由利亜に突き付ける…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です